古寺とお城の旅日記U

アクセスカウンタ

zoom RSS 丹波路を行く 京都府亀岡市 鍬山神社へ

<<   作成日時 : 2017/06/22 03:00   >>

ナイス ブログ気持玉 32 / トラックバック 0 / コメント 0

穴太寺の駐車場を出て、次ぎに向かったのが、亀岡では紅葉の名所で知られている鍬山神社(くわやまじんじゃ)で、12時30分頃に着きました。

画像
国道9号線を西に進み、下矢田の交差点を右折したら、道なりに進むと、石造の鳥居が見えてきました。鳥居の裏を見ると1988年(昭和63年)6月の再建と書いてありました。

画像
最初の鳥居で車を止めましたが、どう見ても入口がありません。そしてたらその先に「鍬山神社」の大きな看板があったので、そこを右折したら駐車場がありました。

結構、大きな駐車場で1台も止まっていません。紅葉の時期は有料となる境内も、この時期は無料で入れます。遠目から大きな赤い鳥居が見えたので、そちらに歩いて行くと・・・。

画像
画像
画像
「鍬山神社」と書かれた大きな扁額が架かった鳥居をくくります。ここが紅葉の名所と言われる由縁が分かったような気がします。

画像
やっぱりモミジが多いなぁ・・・と思いながら初めての鍬山神社の境内を進むと、左手に手水盤がありました。

画像
画像
そこからミモジのトンネルをくぐり橋を渡ります。この橋・・・少し上がってて・・・下には川が・・・流れてた・・・筈です。(記憶に無いので・・・)

画像
橋を渡った先にあるのは拝殿です。その先に本殿があるかと思いますが、入口が2つあります・・・。(拝殿の左右の奥に入口の門が見えています)

どちらが本殿か分からなかったので、先ずは右側の門から入ります。こちらの社殿には八幡宮で見慣れた“鳩”が・・・。

画像
画像
画像
画像
こちらの社殿は、八幡宮でした。御祭神は誉田別尊(ほむたわけのみこと・第15代応神天皇)で、1814年(文化11年)の創建とありました。

このあと、左側に移動します。そして案内文を読んで、こちらの社殿が本宮だと分かりました。

画像
画像
鍬山神社 鍬山宮(主神) 御祭神は、大己貴命(おおなむちのみこと・大国主命)八幡宮と同時期の創建で、京都府登録有形文化財に指定されています。

709年(和銅2年)年の創建と伝えら、鍬山宮、八幡宮二棟の本殿(京都府登録文化財)を有し、大己貴神(大国主命)、誉田別命(応神天皇)が祀られています。京都府内でも屈指の紅葉の名所で知られ、本殿と境内が燃えるような赤色に包まれます。

画像
画像
本殿は、境内の高い位置あり、拝殿を上から見ています。そして境内の北側にある心字池の方に向かいますが、この辺りの青モミジは綺麗です。

画像
心字池に突き出た所には、辨財天社があります。この辺りのは、古来より「矢田の紅葉」として有名で、紅葉時には多くの参詣者で賑わいます。

今は青モミジですが、秋の紅葉は真っ赤に染まると・・・その通りだろうなぁ・・・と想像できますね。この先に鳥居があって、右が天満宮。左が愛宕神社です。

画像
画像
画像
画像
(上)愛宕神社・・・御祭神は、火産霊神(ほむすびのかみ)で・・・愛宕神社は古くより火伏・防火に霊験あらたかですよね。また天満宮の御祭神は菅原道真で、小さな神牛像も鎮座していました。

次ぎに、青いい竹で出来た垣根に囲まれた安産石です。

画像
天岡山トンネル(鍬山神社の西にある京都縦貫道内にあるトンネル)を開通させた時に拾った貫通石で、この石に触って、お祈りすると、無事に出産できると伝えられています。

画像
その安産石の左隣が稲荷疱瘡神社で、稲荷神社の御祭神が、倉稲魂神(うがのみたまのかみ)。疱瘡神社の御祭神が大国主命で、医療の神様だそうです。


画像
右から熊野神社(豊宇気大神、伊弉諾尊、天児屋根命)、日吉神社(大山咋神)、高樹(たかぎ)神社(山雷大神)、樫船(かしぶね)神社(猿田彦命)、金山(かなやま)神社(金山姫命)です。

画像
画像
ここで境内の南側にある社務所に行きました。来た時も見ていましたが、どうも留守のようで・・・そこで張り紙にあったようにインターホンを押して見ると・・・。

何処からか神職さんが走って来られました。朱印をお願いすると授与所を開けられ中で書かれます。その間少し待ちましたが・・・そして朱印と由緒書きをいただいたら、再び走って戻られました

画像
画像
画像
鍬山神社の紅葉は見た事がありません。調べると、この時期だけ境内に入るのに有料になると効きましたが、何処に関所を設けられるのかなぁ・・・と考えながら駐車場に戻ろうとしたら・・・。

画像
「鍬山神社」と書かれた、大きな看板の手前に、社務所がありました。先程、ここから走って来られたみたいです

画像
画像
その大きな看板の向こうに、小さな社殿が見えたので、行ってみると・・・百大夫(ひゃくたゆう)神社で、御祭神は豊磐間戸命(とよいわまどのもこと)、櫛磐間戸命(くしいわまどのもこと)、猿田彦命でした。

ここには13時前に出て行きました。帰りも、国道9号線を利用しましたが、途中にアルプラザ亀岡店に寄って遅い昼食(ラーメン)を食べて帰路に着きました。

【鍬山神社 八幡宮】

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 32
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
丹波路を行く 京都府亀岡市 鍬山神社へ 古寺とお城の旅日記U/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる