古寺とお城の旅日記U

アクセスカウンタ

zoom RSS 福知山城内 朝暉神社へ

<<   作成日時 : 2017/07/30 00:00   >>

ナイス ブログ気持玉 24 / トラックバック 0 / コメント 0

福知山城天守閣の東側に、朝暉神社(あさひじんじゃ)があります。

画像
画像
画像
御祭神は、朽木稙綱(たねつな)・・・初代福知山藩主・朽木稙昌(くつき たねまさ)の父になります。鳥居の前には手水舎と奥には小さな本殿もありました。

1669年(寛文9年)6月に常陸国土浦藩の第2代藩主であった朽木稙昌(くつき たねまさ)が福知山藩主に加増移封され初代福知山藩主となり、父・稙綱(たねつな)を藩祖として城中に祀ったことに始まります。その後、福知山藩第11代藩主・綱條(つなえだ)の時に城南の清水門の外の岡ノ段に建立、一社を建立して朝暉神社と号しました。明治維新での廃藩後、最後の第13代藩主・朽木為綱(くつきもりつな)が岡ノ段の朝暉神社を撤収。神社は堀村の自宅住居で祀ることとしたが、1881年(明治14年)に町民らの要望によって天守台跡に再建されました。さらに1996年(昭和61年)の天守再建にともなって、現在の位置に移築され、市街地の鎮守とされました。

画像
社殿越しに福知山城天守閣を見ています。鉄筋コンクリート製ですが、外観は忠実に復元されたので良いですね、この雰囲気は

画像
鳥居は釣鐘門の直ぐ近くです。前に来たときは何の興味も無かったけど・・・今回の訪問で、福知山城主の名前・・・朽木氏ですが覚えられたことが大きいです。

少し帰りの時間が切迫していたので、写真を撮りましたが良いのが無かったので、前回訪問時を少しだけ使いました。

【朝暉神社】

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 24
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
福知山城内 朝暉神社へ 古寺とお城の旅日記U/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる