長楽寺 天皇陛下御即位記念秘仏 御本尊御開帳へ

6月14日(金)は、朝から車に乗って円山公園内にある京都市円山駐車場に向け出発し、8時30分過ぎに着くことが出来ました。そこから歩いて、大谷祖廟に向かいます。まだお盆には早い時期ですが、そこには祖父母が眠っているので、墓参を済ませました。その大谷祖廟の山門下を降りると、今日の目的地である長楽寺あります。 長楽寺では5月1日にご本尊…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国宝「観智院 客殿」での映像「飛翔鷲図」展示

東寺 灌頂院を出て、境内を北に進み北門を出ます。そして、最近は通常拝観となった観智院がその先に見えて来ます。 ここには、2011年(平成23年)5月20日以来、来てなかったです。この訪問のあと修復工事をされ、庭園も以前と比べて変わったとは聞いてました。 久し振りの観智院の「山門」には13時20分に着きました。この山門をくぐる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東寺 灌頂院 特別公開「空海ノ光 テクノロジーと神秘」へ

3月26日~6月2日まで、東京国立博物館で、「国宝 東寺-空海と仏像曼荼羅」展が開催されました。そのため、“本家”東寺の堂内にある仏像は、東京に出張されてるため、堂内は“がら空き”と聞きました。そこで通常非公開の東寺 灌頂院でデジタル曼荼羅インスタレーション「空海ノ光 テクノロジーと神秘」が開催されたので、見に行ってきました。 会…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大和国一宮 大神神社摂社 率川神社へ

漢国神社を出て、“やすらぎの道”沿いを南へ歩いて行きます。三条通りを横断し、少し南に歩くと右手(西側)に目的地である大和国一宮 大神神社摂社 率川(いさがわ)神社が見えて来ました。 12時40分に着いてみると、結構境内は広いです。何故、ここをタクシーの運転手さんが知らなかったのか理解ができないです。 私が着いた時に、同時に来…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

境内に我が国で唯一の饅頭の社がある、漢国神社へ

奈良ホテルからタクシーに乗って、行き先を告げると分からないと言われて・・・どうも新人さんのようですが、それにしても・・・こちらも奈良の土地勘が無いので案内が出来ません。それで、目的地を近鉄奈良駅にして、そこまで行って貰うことにしました。 そして、近鉄奈良駅から歩いて直ぐにの所にあるのが漢國神社(かんごうじんじゃ)で、本来は次の次の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奈良ホテルでランチ 日本料理「花菊」へ

名勝旧大乗院庭園を出て、11時30分からに時間を変更した奈良ホテル内にある日本料理「花菊」に向かいました。 奈良ホテルには2015年(平成27年)の館内ツアーに来て以来、久し振りです。それで、正面から入ってみました。 本館から別館に抜けて行ってみると、ここも2014年(平成26年)久し振りの「花菊」前までやって来ました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

かつて「南都随一の名園」と謳われた庭園 名勝旧大乗院庭園へ

東大寺ミュージアムから、奈良国立博物館の前を通って、11時12分に奈良ホテルの入口に着きました。 天気が良かったので暑かったのと、まだまだ膝が痛むので、これだけ歩いたらやっぱり痛んできました。ここで地図を確認すると・・・。 この日やって来たのは、奈良ホテルの南側に隣接する「名勝 旧大乗院庭園」で、2017年(平成29年)7月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東大寺の美術と歴史を学ぶ 東大寺ミュージアムへ

「正倉院 正倉」を出て、そのまま南に下がります。次は東大寺大仏殿を目指しますが、2週間に入ってるので目的地は別ですが・・・。 歩いていると、左手に大きな礎石が見えました。この時は何か分かりませんでしたが、調べると「東大寺講堂跡」のようです。礎石は天平時代が残っているとか。 そのまま南へ下がって行くと、初…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

校倉造りが特徴の宝物庫 正倉院 正倉へ

東大寺戒壇院 戒壇堂を出て、約5分で遠くに次の目的地である正倉院 正倉の看板が見えてきました。 遠くに、正倉院の屋根が見えています。この時は、正倉院とは分かりませんでしたが、ここまで来ると、多くの小学生が参観開始を待っています。 ここが正倉院の入口です。ちょうど9時59分に着きましたが開門はされてますが、まだ行けません。小学…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鑑真から戒律を受けた、東大寺戒壇院 戒壇堂へ

氷室神社から道路を横断せず、奈良国立博物館に行かず、西に進みます。すると2週間前に訪れた、吉城園や依水園の前を再び通りました。そして、こちらも2週間前に来ている入江泰吉旧居の前を通って、9時34分にやって来たのが、2週間前に行けなかった東大寺戒壇院 戒壇堂です。 2週間前も暑かったんですが、この日も暑かったです。例年なら梅雨に入る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

氷を貯蔵する氷室の神 氷室神社へ

5月23日(木)に奈良を訪れましたが、それから2週間後の6月6日(木)に再び奈良を訪れました。 前回と違って、この日は近鉄京都駅から、8時30分発の“奈良行き伊勢志摩ライナーの直通特急で向かいます。 近鉄奈良駅には9時5分に着いて、直ぐにタクシーに乗ります。膝の具合を考えて無理して歩きません。それで9時14分に着いたのが氷室…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成大修理完遂 仁和寺観音堂 特別内拝へ

5月24日(金)は、2012年(平成24年)から6年にわたって半解体修理が行われ、創建当時の美しいお堂が蘇り、2019年(令和元年)5月15日から公開が始まった、仁和寺観音堂 特別内拝に行きました。 内拝開始が9時30分からのため、ここの駐車場には9時10分過ぎに入ると、車はタクシーが多く止まってましたね、境内には「東門」から入り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奈良市の街角の小さな祠 隼神社(角振明神)へ

奈良漬けの今西商店から三条通りを東に進んで、再び東向商店街を目指して歩いていると、前方に隼神社が見えました。 まだ京都行き特急の時間があったので、寄っていくことにしまた。見たところ小さな神社ですね、外国人観光客も熱心に覗かれていましたが・・・。 御祭神は、角振集総別命(つのふりはやぶさわけのみこと)、配祀は、 宗像神社で市杵…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奈良漬けの老舗 今西本店へ

お昼を食べたあと、今回どうして行きたかった店に行きました。場所は歩いて5分程度の、奈良漬けの老舗である「今西本店」の純正奈良漬を買うためです。 ここを知ったのは、古い話で2015年(平成27年)3月13日(金)に放送されたMBS毎日放送「ちちんぷいぷい」のコーナーだったように記憶しています。 お店は、三条通り沿いにあり、JR…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

とんかつ がんこ 奈良店へ

興福寺中金堂を出たら、奈良に来たら、何度か来ているとんかつ がんこ 奈良店に真っ直ぐ向かいました。 お店の前で数名が居ましたが、どうも外国人観光客のようで、私はその横をすり抜け、先に見せに入りました。 店には11時15分に入りました。急いだわけは、前途したとおり何度か来てますが、いつも混雑していたからです。この時間なら大丈夫…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成30年10月、301年ぶりに再建された興福寺中金堂へ

吉城園から歩いて約12分で、2018年(平成30年)10月に、再建された興福寺中金堂に着きました。 興福寺中金堂は、創建して以来、7度の火災に見舞われ焼失してしまいます。過去6度は再建されましたが、1771年(明和8年)大火で7度目の焼失してしまいます。それ以来、仮堂が建設されただけにとどまっていましたが、“七転び八起き”やっと再…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奈良県所有の日本庭園 吉城園へ

依水園の正門を出ると、数歩で吉城園(よしきえん)の入口に着きました。 入口の門をくぐると、正面に拝観受付があって、そこで入園料250円を払います。先の依水園は900円・・・随分、安いなぁ・・・と。 吉城園(よしきえん)は、元興福寺子院の摩尼珠院(まにしゅいん)あった所と伝わりますが、明治になって民間の所…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

依水園の中にある寧楽美術館へ

依水園の入園券で、隣接する寧楽美術館(ねいらくびじゅつかん)にも入れます。これは拝観受付の時、教えてくれました。 ここに来たとき、外国人観光客が出て来られました。特段興味がある訳でもなかったんですけど、入園料込みの料金なら寄ってみよう・・・と。 海運業で財を成した中村準策・準一・準佑の中村家3代が、1939年(昭和14年)に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

二つの時代が異なる庭園を楽しめる依水園へ

入江泰吉旧居を出て、約2分ぐらいでしょうか、次の目的地である依水園に着きました。 9時51分に「正門」前に着きました。ここは9時30分から開門です。以前から庭園が綺麗だと聞いていたので来たかった所です。 アメリカの日本庭園専門雑誌『ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング』が毎年日本庭園のランキングを発表しています。ここ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大和路を愛し、奈良の仏像、風景を撮り続けた入江泰吉旧居へ

東大寺大仏殿をあとにし、次の目的地である依水園に向かっていると、奈良の仏像、風景、伝統行事、万葉の花などを半世紀以上に渡り、撮り続けた写真家・入江泰吉(1905~1992)の旧居の前を通りました。ここも時間があれば・・・と思っていた所で、迷わず寄っていくことに決めました。 9時33分に、この前を通りました。ここの開館は9時30分か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more