京都府八幡市内里内に鎮座する式内社 内神社へ

10時5分頃に石田神社を出て、ほぼ東に進みます。目的地はナビに入れたので、ナビの誘導通りに進むと、いつのまにか到着してました。同じ京都府八幡市の内里に鎮座している内神社に10時12分に着きました。 着いたのは、東向きの鳥居前でした。見渡せば駐車場が無かったので、境内に止めました。 「東鳥居」を入って直ぐ…
コメント:0

続きを読むread more

京都府八幡市の神仏習合が残る石田神社へ

水度神社がある京都府城陽市から、八幡市に移動します。友人が次の目的地をナビに入れると、ナビは高速道路経由を案内します。両市の間にある木津川を渡るのに高速を利用する方が便利だったためです。高速は城陽ICから田辺北ICまで京奈和自動車道を利用し、降りると府道22号線を北上。9時48分に目的地の石田神社に着きました。ただこちらには駐車場は無い…
コメント:0

続きを読むread more

京都府城陽市にある古社 水度神社へ

1月11日(月・祝)は、新型コロナウイルスの感染拡大が続くなか、京都市では成人式が催されました。9日には、京都府と大阪府や兵庫県と共同で、政府に緊急事態宣言の再発令を要請したほどで、厳戒態勢で開かれたようです。また、8日から強烈な寒波が入ってきて、京都市の最低気温は、8日氷点下3.7℃、9日氷点下4.1℃、10日氷点下3.1℃、11日氷…
コメント:0

続きを読むread more

平安時代には水尾山寺のあった地に建つ 円覚寺へ

清和天皇社の鳥居から、細い通路を抜けると京都市立水尾小学校の校庭に出ました。驚いたことに車も止まってましたね、ここまで車で来られるみたいですけど、あくまで校庭内です。許可は必要でしょう。 この校庭内に、粟田山と号する浄土宗の寺院「円覚寺」がありました。 円覚寺の全景です。今日は12月23日の15時5分頃…
コメント:0

続きを読むread more

愛宕山西麓に位置する幽邃の地 柚子の里「水尾」にある清和天皇社へ

京都帝釋天を出て、京都府南丹市八木町神吉から京都市右京区嵯峨越畑に入ります。この辺りは「宕陰(とういん)」と呼ばれ、嵯峨越畑(こしはた)と嵯峨樒原(しきみがはら)と二つの大字で構成されてますが、ここからは京都市です。しかし、昔からの美しい棚田や茅葺き民家などで知られており、この風景を見ると心が和みます。その越畑を抜…
コメント:0

続きを読むread more

108基の鐘に願いを込めて700㍍の参道を登る「京都帝釋天(福寿寺)」へ

れいん房 本店を出て、国道9号線を京都方面に戻ります。JR吉富駅の手前で左折、府道408号線を道なりに進み、途中大堰川を渡ります。途中で、「雪印メグミルク 京都工場」の横を通過しましたね。ここでは工場見学をされているので、いつかは行って見たいと思っています。次に府道25号線(亀岡園部線)の交差点で左折し、道なりに進みますが道幅は広いので…
コメント:0

続きを読むread more

京都府南丹市八木町の老舗レストラン「れいん房 本店」へ

穴太寺を出て、予定では亀岡市から八木町に入って、今年の12月6日に通った同じルートで越畑から水尾に抜けて帰るつもりでした。ただお昼を過ぎているので南丹市八木町にある、2018年(平成30年)10月5日にも行ったことがある老舗レストラン「れいん房 本店」に寄って行くことにしました。 13時17分に着きました。国道9号線に面してて、私…
コメント:0

続きを読むread more

西国三十三ヵ所二十一番札所 天台宗 菩提山 穴太寺へ

丸岡城(余部城)跡を出て次に向かったのが西国三十三ヵ所二十一番札所 天台宗 菩提山 穴太寺です。ここは何度か来てるのでナビは不要です。 12時37分に、江戸時代中期に再建された「仁王門」(京都府登録文化財)前で車を降りました。友人は車を駐車場に入れに行ったので、私は先に境内に入ります。 仁王門をくぐると…
コメント:0

続きを読むread more

明智光秀が丹波に侵攻 丸岡城(余部城)跡へ

丹波国分寺跡を出て、次も明智光秀ゆかりの城跡に向かいます。ここを12時10分頃に出ると亀岡市の中心部に向かいナビの誘導の元、目的地に12時17分に着きました。ただ、こちらには駐車場がなく、またコインパーキングもありません。仕方ないので、車にどちらかが残って見ていくことにしたんですが・・・?。 到着したのは、明智光秀の丹波亀山城が築…
コメント:0

続きを読むread more

明智光秀の丹波攻めの名残 丹波国分寺跡へ

愛宕神社 (元愛宕)を出て、山中から降りてきます。車1台ぐらいしか通れないほどの狭い道を下ると府道25号線に出ます。この道は広いので安心できますが、こちらに「丹波国分寺」の案内版がありました。その案内版の誘導で車を走らせると無事に到着できました。こちらは明智光秀ゆかりの丹波国分寺跡でした。 復習ですが、丹波国分寺跡には、西側の府道…
コメント:0

続きを読むread more

愛宕本宮 愛宕神社 (元愛宕)へ

「麒麟がくる京都亀岡大河ドラマ館」を開催中の「サンガスタジアム by KYOCERA(京都スタジアム)」を出て、次に向かったのが家族からのリクエストでした。私は見てませんがテレビで取り上げられたという和菓子店なんですけど、スマホの地図では表示されたんですが、友人のナビが古いので出てきません。それでスマホの地図を頼りに試行錯誤で行ってみる…
コメント:0

続きを読むread more

麒麟がくる京都亀岡大河ドラマ館へ

12月23日(水)は、友人から急遽誘われたこともあって、予定では亀岡から箕面を抜けて高槻に出て、大阪府三島郡を通って帰ってくる予定で出掛けました。私は予約通院日のため、それを待って9時50分頃に出発。車は物集街道から千代原口の交差点を右折し、国道9号線に入ります。そして本能寺の変で知られる老ノ坂峠を越えて亀岡市に入りました。明智光秀が本…
コメント:0

続きを読むread more

雪が残る雲ヶ畑 岩屋山 志明院へ

大原の里山から江文峠を通って静原そして市原に出て賀茂川を渡り、その上流に向かって雲ヶ畑街道があり、車はその雲ヶ畑街道を北上します。友人と話してて、「駅伝コースをそれて市内に出られないかなぁ」と話してて、友人が私と共通の知人で先輩が住んでいた「雲ヶ畑に行ってみよう」と言う話しになって、私にとっては初めての雲ヶ畑に直行ということになりました…
コメント:0

続きを読むread more

大原 そば処芹生茶屋へ

魚山大原寺 勝林院を出て、日曜日でも人が少ない参道を歩いて行くと、先に訪問した実光院の向かいに、「後鳥羽天皇・順德天皇 大原陵」があったので寄って行くことにしました。 同行している友人が、天皇家のことに詳しく、後鳥羽天皇と順德天皇のことを教えてくれました。それによると・・・? 第82代・後鳥羽天皇は、文武両道で、新古今和歌集…
コメント:0

続きを読むread more

大原問答の舞台 魚山大原寺 勝林院へ

2020年(令和2年)8月22日にNHK総合にて「NHK総合歴史発掘ミステリー 京都 千年蔵 大原 勝林院」が放送されました。内容は勝林院の蔵に眠る文化財1853点を調査するということで、全国から専門家が集結し“蔵の中身の全部出し調査”を決行するということでした。その事を思い出したので、実光院を出たあと、「魚山大原寺 勝林院」に寄ること…
コメント:0

続きを読むread more

大原三千院界隈を散策 天台宗 魚山 大原寺 実光院へ

出世稲荷神社を出て、三千院の方向に歩いて行きます。この大原の里山には、一昨年の2019年(平成31年)1月26日に雪の「寂光院」に来て以来です。ただ三千院界隈となると2015年(平成27年)4月26日以来の久々です。 歩いて行くと、小雪混じりの雨が降ってきました。だから寒いです。そのためか今日は日曜日ですが、…
コメント:0

続きを読むread more

千本旧二条から大原の里山に移転された出世稲荷神社へ

敦賀街道を北上すると、しばらく山中に入りますが、ほどなくして、美しい自然が調和した豊かな里山風景が前方に入ってきます。京都市内とは思えない田園風景ですが、大原に入って最初に予定していたのは、出世稲荷神社です。 出世稲荷神社は、2012年(平成24年)7月に京都市の中心千本旧二条より大原へ移転されました。当時、毎日通勤で使っていたバ…
コメント:0

続きを読むread more

現在注文しても9ヶ月待ちの「絹ごし緑茶てぃらみす」を食べに「一乗寺 中谷」へ

狸谷山不動院を出て、午後から交通規制される白川通りに出ますが、その前に「一乗寺 中谷」に友人を誘いました。ただ駐車場が空いていたら・・・の条件付きでしたが、空いてました。 ここには、2017年(平成29年)5月3日(水・祝)と2017年(平成29年)9月1日(金)に来ているので久し振りです{%笑いwebry%…
コメント:0

続きを読むread more

特別洞窟内陣参拝中の狸谷山不動院へ

12月20日(日)は、友人から急遽誘われたこともあって、年内最後の遠出に行くことにしました。その日、京都市内は「男子第71回、女子第32回全国高等学校駅伝競走大会」が行われるため午前中から市内は交通規制がひかれるので、駅伝コースは避けたい・・・と。それで、まだ未訪問寺院がある大原に行くことを友人に提案すると、快く受け入れてくれたので、自…
コメント:0

続きを読むread more

小籠包が看板メニューの点心料理店「鼎泰豐 京都店」へ再び

12月14日(月)は、小籠包が看板メニューの点心料理店「鼎泰豐 京都店」へ11月13日(金)に引き続き行ってきました。 京都も新型コロナウイルスの感染者が急増しているので、空いている時間をネットから予約しました。場所は高島屋京都店で、10時30分前に着きました。予約した時間より早く着いたので、先に地下街に行って買い物を先に済ませま…
コメント:0

続きを読むread more