京都御所 春の一般公開へ

先晩、公開しました有栖川宮旧邸(有栖館)の前に、時間つぶしも兼ねて、京都御所春の一般公開へ行きました。

今年の公開は、4月1日~8日で、例年通り大変な賑わいを見せていました。

京都御所を参観するには、予約が必要ですが、この期間だけは予約なしで入れます。そして、予約参観一般公開の違いは、紫宸殿前を通れるかどうかでしょう。

そして、その紫宸殿です。

画像
予約参観の場合は、承明門から垣間見るしかありませんが、このように目の前で見られます。これが一般公開の魅力です。

紫宸殿左近の桜です。

画像
何度か来ましたが、春の一般公開で、この桜が咲いてないのは初めてです。(毎年、必ず訪れてる訳ではありませんので何とも言えませんが・・・)

画像
昨年は、ここの御殿内も16年振りに特別に公開されました。残念ながら私は選に漏れましたが、今年はどうなんだろう・・・。

紫宸殿前の右近の橘は、今年の寒さが厳しかったのかどうか、まだ囲いが取れていません。

そして、月華門回廊です。

画像
この門も内側から見られるのも、この一般公開だけです。

紫宸殿の後は、清涼殿に出ます。

画像
画像
釣灯籠5基が展示されています。

大臣宿所には

画像
馬具(唐鞍・和鞍・三懸)が展示してました。

小御所には、 板輿を展示。

画像
画像
内親王のお成りの一部をイメージしているそうです。これも予約参観では、決して見られないものです。 板輿(塗輿)と人形7体(小袿長袴1体,小袿2体,童女2体,駕輿丁2体)

予約参観と違って、沢山の人が見に来ていますが、自分のペースで廻れるのが魅力ですね。無料だし(予約参観も無料)何度も入れるので。(この日は、次に有栖川宮旧邸に行く予定があったのと、天気が曇ってきたので、これで帰りましたけど)

最後に、御常御殿前には、まだが咲いていました。

画像


画像
出口付近の枝垂れ桜。例年は、もっと綺麗なんですが、、咲き具合がもう一つでした。今年の寒さが厳しかったのが分かるような・・・。と思いつつ京都御所を出ました。


有栖川宮旧邸の10時30分には、まだ時間があります。 そこでて京都御苑内の桃の花を見てます。

画像
画像
画像
画像
ほんのり甘い香りが心地良い。この時期は桜ですが、桃の花も良いでしょう。

この日は、風が強く寒くて、寒の戻りの一日でした。晴れたり曇ったり、パラパラと雨が降ったりして、せっかく来たのに残念な天候でしたが、また、行ってみようと思っています。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのトラックバック