大涅槃図が公開された東福寺 仏殿へ

東福寺 光明院を出て、次に大涅槃図が公開されてる東福寺 仏殿へ向かいました。2年前にも来ましたが、光明院・三門・仏殿を廻ってみようと思ってここまで来ました。

画像
普段は非公開の仏殿も、毎年3月14日~16日に「大涅槃図公開」のため、中にいれます。ちなみに拝観料は、無料です。

靴を脱いで堂内に入って、天井を見上げると、堂本印象作の蒼龍図を目にします。

画像
画像
画像
京都画壇を代表する堂本印象によって蒼龍図が描かれました。このように法堂内の龍図を写真に撮れるところは少ないです。多くの拝観者が天井に向けて、写真を撮っていました。

1861年(明治14)12月16日の夜に大火災によって法堂・仏殿・方丈・庫裏が火災で焼失したあと、半世紀たった1934年(昭和9)に再建されました。その時、蒼龍図も描かれました

そして仏殿の正面には、明兆作大涅槃図が掲げられています。

画像
画像
明兆57歳の作(縦15㍍、横7.5㍍)。入滅した釈迦のまわりで仏弟子・動物たちが嘆き悲しむ光景が精力的に描かれています。

ここで、この大涅槃図では猫の姿があります。他の涅槃図では描かれないと書いてありました。しかし、先日真如堂で見た大涅槃図にも描かれていましたし、天龍寺の涅槃図にも描かれていました。 他に泉涌寺と嵯峨釈迦堂を見ましたが、こちらは確認してません。他は、どうなんでしょうね。

先述しましたが、明治の大火災によって、多くの伽藍が消失しました。それまで、東福寺の仏殿には、本尊の釈迦如来像(高さ7.5㍍)があって、奈良の大仏と同じぐらいの像高で、新大仏と呼ばれていました。そして消失を免れた左手が安置されています。

画像
左手は2㍍近い大きさで、当時の巨大な姿が偲ばれます。

涅槃図や仏像を見ていると、突然、尺八の音色がして、振り向くと

画像
虚無僧さんが、尺八を吹いていました。

この東福寺でも花供御(はなくそ)を見かけました。

画像
先般真如堂での花供曽(はなくそ)と違い、ここのはあられでした。

また、堂内には、朱印所もあって朱印をいただいて、ここを出ました。この日は、暖かい日が続いた前日と違い、北風が強く吹く、寒い一日で、お坊さんも書きにくそうにされていました。

この仏殿の前に、同じ特別公開さている三門にも寄りました。

画像
天気も良いし、「登ったら見晴らしいいだろうなぁ」と思って、2年前にも登ってますが、入ろうと受付までいくと、係の人から「内部も風景も撮影禁止です」と案内されました。

2年前は、内部は撮影禁止でしたが、外の風景は自由に撮れました。それなのに撮影禁止と言われたので、拝観料を払わず、引き返しました。この2年間で何があったんてしょうか?。2年前の写真が貴重なものなりました。

以下、2年前の写真で眺望です。

画像
画像
画像
画像
画像
画像
この日は寒かったです。三門の上は風も強くて・・・手が震えながら撮りました。

帰りは、京阪「東福寺駅」まで行き、帰路につきました。その途中にあった臥雲橋から見た通天橋です。

画像
モミジの東福寺と言われる風景は、この渓谷が真っ赤に染まるからでしょう。このように秋以外は、閑散としています。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 14

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのトラックバック

  • 『萬福寺を知る夏の夕べ』へ

    Excerpt: 7月26日(土)、JR東海「そうだ京都、行こう。」の会員限定イベントである『萬福寺を知る夏の夕べ』へ行ってきました。 Weblog: 古寺とお城の旅日記Ⅱ racked: 2014-08-16 00:19
  • 『萬福寺を知る夏の夕べ』(後編)へ

    Excerpt: 前編の続きです。天王殿から再び回廊を歩きます。すると大きな鐘がありました。回廊に鐘って不思議ですよね。すかさずガイド役の僧侶さんから説明が入りました。これから行く開山堂で法要があることを知らせる鐘だそ.. Weblog: 古寺とお城の旅日記Ⅱ racked: 2014-08-17 03:48
  • 眺望が絶景の南禅寺 三門へ

    Excerpt: 粟田山荘からタクシーで次ぎに向かったのが南禅寺です。地下鉄で南禅寺へは一駅ですが、拝観終了の時間も意識し、それに4人で移動するのはタクシーがお得です Weblog: 古寺とお城の旅日記Ⅱ racked: 2015-03-05 04:07
  • 水野先生とっておき「京の撮影術」 三門(楼上) 編

    Excerpt: 臥雲橋から日下門を通って、東福寺に再度入りました。このルートは私が来た道と同じです。行きは禅堂横にあるトイレに入って、水野先生と出会いましたが、今度は禅堂を右手に周り三門に着きました。 Weblog: 古寺とお城の旅日記Ⅱ racked: 2015-06-17 03:57
  • 春の特別公開2018 東福寺「法堂 光明宝殿」へ

    Excerpt: 東大路通りも泉涌寺道を通過すると京都第一赤十字病院があって、その次の信号を左折・・・と覚えました。しかし・・・車が数十台止まっています。「東福寺に入るのための駐車場待ち」と一瞬.. Weblog: 古寺とお城の旅日記Ⅱ racked: 2018-05-09 03:29