お昼は嵐山 鰻 廣川へ

4月4日(木)会社の元同僚と、桜を見て廻ったあと予約していた、嵐山 鰻 廣川へ行きました。 桜の咲く時期、食事の場所はどこも混むので困りますが、そこは地元の嵐山、事前に予約しておきました

画像
この写真も事前に撮っておいたものです。

予約したのは13時30分。お昼から時間はたっていますが、店の中から外まで、ずらっと並んでいます。その行列を横目で見ながら予約していたので、冷たい視線を感じつつ、店の中に入り名前を言って、2階に上がりました。

画像
2階は全て、予約席です。 余談ですが、向かいの工事中の建物は、(仮称)「オリックス嵐山保養所」です。お隣の天龍寺に聞いても、どのような建物が建つのか分からないそうです。

食事の前に、渇いた喉をうるおすため、生ビールをグイッと。

画像
大阪でもよく飲みに行きました。ただAさんは、強くないので・・・。そこで注文したのが、生ビール(小)で、私が(中)でした。

昔話をしていたら、注文した柳川が来ました。

画像
開いたドジョウと笹掻きにしたゴボウを味醂と醤油の割下で煮て鶏卵で綴じてあります。

子供の頃、壬生寺近くの西新道商店街の近くに住んでいたため、母かよく柳川を作ってくれました。Aさんは出身が瀬戸内海に浮かぶ島育ちのためか、柳川は初めてでした。

そうこうしていると、料理が運ばれてきました。うな重定食です。

画像
うな重・鯉の洗い・うざく・お吸い物がついています。ご覧のように一度に運ばれてきました。

以前は、うざく→鯉の洗い→うな重の順番に運ばれてきました。4月に入って、値上がりしたそうですが、料理の運ばれ方も変わってました

嵐山は、料理店が進出しても、直ぐに居なくなります。観光シーズンは賑わいますが、シーズンオフと夜は閑散としています。観光シーズンだけではもたないのでしょうか。ただ、この廣川だけは夜もはやっています。要因は一言、美味しいからでしょう。関西では珍しい、関東流で焼かれた鰻は柔らかくて大変美味しいから、何度でも足を運べます。Aさんも満足してもらえたと思っています。(想像ですが

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 16

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのトラックバック