『富士山五合目と箱根涼感めぐり2日間の旅』に参加

クラブツーリズム『富士山五合目と箱根涼感めぐり2日間』の旅に9月24日(火)~25日(水)に行ってきました。

私の夏休み後半は、浜松まで新幹線を利用し、富士山と箱根をバスで巡る旅です。5月26日(日)~27日(月)に『富士芝桜まつりと雲上の別天地富士スバルライン2日間』のバスツアーで行きましたが、もう一つ富士山が見えてくれませんでした。今回の旅は、富士山が見たいと思い、リベンジの旅でもあります さて、今回は

このツアーは、新大阪駅で集合し、新幹線こだま号に乗車し浜松駅まで行きます。私ら京都からの途中乗車組は、入場券で乗車します(入場券の返金はありません) 

新幹線こだま638号は、定刻どおり9時47分に浜松駅に到着。徳川家康ゆかりの浜松城には5年前に登城しまた。それ以来の浜松駅です。駅前には出世大名 家康くんがお出迎えです

画像
画像
浜松駅前は前回も感じましたが、高層ビルも建ってて都会の雰囲気です。ただ前回訪れた老舗の鰻店がわからなかった・・・。

浜松駅で、今回のツアー客が全員揃いました。43名だそうです。添乗員さんを先頭にバスが駐車してある所まで5分ぐらい歩きます。そして今回私たちを運んでくれるバス会社は、大鉄観光バスでした。

画像
関西では馴染みが無いですね。大井川鐵道の略だそうです(確かSLを走らせてたような・・・)。これから2日間お世話になります。(写真は、ホテルの駐車場で撮ったものです)

バスは、浜松駅を10時13分に出発し、浜松IICから東名高速に入り、富士川SAに11時45分に着きました。そこには、道の駅 富士川楽座が併設されています。

画像
ここから富士山が望める展望室があると聞き楽しみにしてました。

建物は4階建てですが、高速道のSAから入ると3階にあたり、階段かエスカレータで上がれば、そこには展望室がありました。

画像
画像
ガラス越しですが、綺麗な富士山が見えて感激です。バスの中からはもっと綺麗に見えてましたが、贅沢は言いません

ここからはガラス越しに見る富士山ですが、一旦外に出たら生で見られます。急いで下に降りて、見える所まで来て富士山を撮りました。

画像
天気は良かったけど、富士山に雲か・・・隠れそう・・・。

再び展望室に戻って富士山を見ると・・・。

画像
どんどん雲に隠れていきます・・・。

天気予報は、西日本は快晴。東日本は台風20号の影響で、曇り。東に行けば行くほど悪くなって、東京は雨の予報でした。

バスは、富士川SAを12時15分に出発し一路、箱根に向かいます。その前に、事前にクラブツーリズムさんにお昼のお弁当を申し込みしてたので、車内で食べました。「浜松三ヶ日牛&遠州しらす弁当」(1100円)でした。

画像
画像
浜松のブランド牛「三ヶ日牛」と遠州灘で獲れた「しらす」を使用した浜松の駅弁で有名な「自笑亭」のお弁当で、美味しくいただきました。

東名高速を東に進んでバスは、沼津ICを12時35分に降りました。そしてくねくねした国道1号線を進み車窓を眺めてたら、山中城跡の看板が飛び込んできました。思わず心の中で「止めてくれ」と叫んでました。100名城に指定されてる山城で、いつかは登城します。場所を確認できたのはラッキーでした。そしてバスは、箱根町を目指して進みます。つづく。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 17

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのトラックバック