テーマ:福井旅行

まるでジュラシック・パーク JR福井駅へ

傘を差しながら福井神社からJR福井駅に14時40分に戻りました。私の予定より20分早く着きました。これは福井駅から養浩館の間をタクシー移動した分でした。我ながら絶妙な時間配分で、鼻高々。 ただ行きのタクシーで知ったことですが、JR福井駅前には恐竜が棲息してる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

松平春嶽を祀る福井神社へ

福井城の御廊下橋の頃から雨が降り始めました。南西の隅櫓跡に来た時は晴れてたのに、北陸の天気は分かりません。 福井城跡の西側は現在工事中のため、福井神社の鳥居がなかなか見えてきません。少し不安になってきたところ、工事用の覆いが取れた所まで行くと、やっと一の鳥居が見えました。木製のこの鳥居は、創建当初のものです。…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

徳川家康の次男 結城秀康が築城した福井城へ

福井城に入るには、橋が3ケ所しかありません。福井市立郷土歴史博物館からは内堀の北側に架かる土橋を渡りますすが、その土橋には5分程度で着きました。 福井城の内堀ぱ、結構広いですね、北側の城壁を見てますが、やっばりバックの景色が・・・残念です。ここ福井城内は、今は県庁舎と県警本部・議事堂が建っているので、風情はありません。 関ヶ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福井市立郷土歴史博物館へ

養浩館庭園の西門を出て向かいは公園になっています。西門の受付で聞くと「公園内を入って行かれた分かります」と教えて貰いましたが・・・。 公園内に入らず、そのまま真っ直ぐ行くと復元された福井城舎人門遺構(ふくいじょうとねりもんいこう)があったんですが、この時は知らなかったです。(帰ってから、この時・・・教えてくれたら良かったのに) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

越前福井藩主松平家の別邸 養浩館庭園【後編】へ

名勝 養浩館(旧御泉水屋敷)庭園  前編の続きです。 建物を隅々まで見学したあとは、再び靴を履いで屋敷の玄関を出ます。そして中門をくぐろつて庭に出ました。 門から飛び石が続いています。団体さんが出られたので、多分・・・独占でみられるでしょう。 写真左には鑓水が流れています。現在はポンプで汲み上げてるとか。飛び石をだって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

越前福井藩主松平家の別邸 養浩館庭園【前編】へ

越前つるき蕎麦で昼食をすませ、地図を見ながら養浩館(ようこうかん)を目指しましたが、取りあえずJR福井駅を目指しました。福井駅には7分程度で着く予定で、そこからは地図が頭に入ってました。 JR福井駅から養浩館まで歩いて15分と見てました。その時間がもったいなく思えて、結局タクシーで移動することにしました。タクシーでワンメータ、養浩…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昼食は越前つるき蕎麦 本店へ

福井市旅行を決めてから、福井の観光案内のHPで見て、いろいろ食事できる所を探しました。ただ福井市内の地理に詳しくありません。(当然です)ですから柴田神社の周辺だけ覚え・・・られないので、HPを印刷した地図を持参してました。そして柴田神社のほぼ向かいの南側にある、越前つるき蕎麦本店は直ぐに分かったので、ここに決めまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北ノ庄城趾資料館へ

柴田神社のある柴田公園を出て、次ぎに昼食にするか、抜いて次ぎに向かうか考えました。やっぱり福井まで来たので、昼食にしようと思い柴田神社を出たところ、お隣に北ノ庄城趾資料館があることに気が付きました。 雨は降り続いてましたが、何だか空が明るくなりそうな雰囲気になってきたので、食事の間に上がったら・・・と思ったんです。よくよく見れば入…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

幻の名城 北ノ庄城跡 柴田神社へ

永平寺を11時40分に出たタクシーは、JR福井駅を通過して柴田神社に12時5分に着きました。 私の事前の計画では、福井市内の観光時間を3時間と設定しました。その時間内に歩いて廻れるコースを練りに練って決め、食事のできる所も事前に何回所か候補は決めました。その何カ所か廻るコースの一つが柴田勝家が築城し、現在では…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

道元が開いた曹洞宗の大本山 永平寺【後編】へ

永平寺の七堂伽藍の一番奥にあるのが法堂です。この日は堂内で法要をされていました。数十名の雲水さん(修行僧)を始め、大声でお経を詠まれるので凄い迫力でした。そのため、お賽銭とお焼香と参りだけし早々と出ることにしました。(僧侶の方で優しく座っていかれるように言われましたが、私らには時間の制約があるので・・・) 伽藍の中心となるお堂のた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

道元が開いた曹洞宗の大本山 永平寺【前編】へ

一乗谷朝倉氏遺跡を10時25分に出発し県道18号から国道364号に乗り替え、永平寺の門前に10時40分着きました。ここも参拝時間は60分の予定で、タクシーの運転手さんに「時間どおり戻ってきてください」と言われ永平寺に向かいました。 曹洞宗 大本山 永平寺 と書かれた石標を見ながら門前に進みます。(本当は下の写真で下ろして貰ったので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一乗谷朝倉氏遺跡の庭園を巡る【後編】

前編の続きです。一乗谷朝倉氏遺跡の中の御殿跡を見たあと、橋を渡ると直ぐに湯殿跡庭園がありました。 朝倉氏庭園は四つありますが、この湯殿跡庭園がもっとも古く、3代貞景か4代隆景の時代の作庭かと推定されています。一群の石組みは戦国時代の気風を漂わせるほど荒々しく粗野で、大小の奇岩が林立し、累々と横たわる姿は戦場跡さえ思わせます。ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一乗谷朝倉氏遺跡の庭園を巡る【前編】

一乗谷朝倉氏遺跡の復原された町並を出て、朝倉館跡庭園群を回ります。先ずは一乗谷で最も規模の大きい諏訪館跡庭園に向かいます。 朝倉孝景がこの地に築城したのが1471年(文明3年)で、以後北陸の雄として一大勢力を築きました。当時、応仁の乱から逃れてきた公家や文化人が華やかな京文化を伝え、一乗谷は一大文化圏を形成します。朝倉氏は4代孝景…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一乗谷朝倉氏遺跡 復原された町並み【後編】へ

前編からの続き。その前に一乗谷朝倉氏遺跡について。 1573年(天正元年)朝倉義景は、織田信長に敗れ、町は焼かれ廃墟となりました。その焦土に農民が住みつき、町は田畑の土の下に原型のまま埋もれてしまいます。その廃墟に1967年(昭和42年)から発掘調査の手が入り、次々と戦国時代の遺跡が姿を表しました。1995年(平成7年)当時の文化…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一乗谷朝倉氏遺跡 復原された町並み【前編】へ

9時15分頃、福井駅を出発したタクシーは約15分ぐらいで、一乗谷朝倉氏遺跡 復原町並 北入口前の駐車場に着きました。 着くと小雨が降ってました。この一週間天気予報ばかり見てました。18日の予報は、当初「曇り時々晴れ」でした。ところが3日前になると「くもり一時雨」に変わって、それからずっと雨マークが消えてくれません。そして当日・・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サンダーバードに乗って福井県福井市へ

9月18日(金)は、夏休みで以前から決まってました。そこで当初は、奈良旅行でもと思ってましたが、都合で行けず、そこで城好きの虫がうずき出して、手頃な福井旅行と決めました。 福井県には100名城が2城あって、一乗谷城と丸岡城がありますが、未登城は一乗谷城の方です。スタンプはまだ丸岡城も貰ってませんが40数年前に一度登城しています。そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more