テーマ:城南宮

山吹が見頃になった城南宮神苑へ

この日、城南宮を訪れたのは「京都五社巡り」が目的ではなく、その週「京都新聞」に“城南宮の山吹が見頃”と出ていたからです。 それを見て、そう言えば「京都五社巡り」で城南宮だけ残っていたなぁ・・・と思い立ち車で出掛けた次第です。それで、9時に入ろうと城南宮神苑の入口で時間が来るのを待っていました。 開園の5…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都五社巡り満願!! 城南宮へ

「京都五社巡り」~四神相応の京(みやこ)~とは、京都の方角を司る「四神」、玄武(北)・青龍(東)・朱雀(南)・白虎(西)が守護する土地として、京都に都が造営され千年の歴史が、今も続いており、千年にわたって続いた京の都は、「四神相応」と讃えられています。 その古来より京の人々は、都の要所要所に鎮まる社(宮)に祈りを捧げました。その…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鳥羽離宮跡を訪ねて 城南宮神苑へ

城南宮には、神苑(洛水苑)があって「源氏物語 花の庭」と名付けらた、四季それぞれ花を楽しめます。 「春の山」「平安の庭」「室町の庭」「桃山の庭」「城南離宮の庭」と巡っていきますが、入口は、参道入口を入ってすぐの左手にあります。 拝観料は、500円で、いよいよ中へ。ここに来た目的は神苑を見ることだったんで、楽しみにしていました…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

鳥羽離宮跡を訪ねて 城南宮へ

安楽壽院で写真を撮ったあと、方除の大社 城南宮へ行きました。 平安遷都の際に、都の南に国の守護神として創建。鳥羽離宮造営後は馬場殿の城南寺の鎮守となり、方除けの大社として、今も信仰が厚く、平安時代から続く、「曲水の宴」は、有名です。 竹田駅から徒歩15分ぐらいで着きます。城南宮へは東参道入口から入りました。 休…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more