テーマ:そうだ京都、行こう。

西陣の名銭湯めぐり 金龍湯へ

さらさ西陣を12時50分に出発したイベント参加者は、林宏樹さんの案内のもと、鞍馬口通りを東に進み最初の路地を北に上がって民家のタイルを案内。そしてさらに路地を上がると建勲通りに出ますが、そこの角にあるお地蔵さんを案内。途中、かつて銭湯だった跡地・・・現在は医院になっている場所を案内しながら大徳寺まで来ました。そこから北大路通りを東に進み…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

西陣の名銭湯めぐり さらさ西陣(旧藤の森温泉)へ

10月10日(土)は、数字の語呂合わせ「1010」にちなんだ「銭湯の日」に合わせて、JR東海「そうだ京都、行こう。」の会員限定イベントである『西陣の名銭湯めぐり』へ行ってきました。 昨年は、猛暑の中(最高気温38.3℃)イベントに参加し体調を崩したので、今年の夏場は敬遠しました。そのため、5月の『水野先生とっ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

水野先生とっておき「京の撮影術」 方丈庭園 編

龍吟庵を出て、水野先生や同行の僧侶の方と一緒に方丈へ向かいました。ここから先は、一般の拝観者と同じです。ですから会員限定の独占ではありません。 方丈庭園には通常拝観の横から入りました。多分・・・団体専用の出入り口だったのもか知れません。最初は方丈南庭を見ながら、水野克比古先生より東福寺方丈庭園の見所なんかを案内していただきました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水野先生とっておき「京の撮影術」 龍吟庵(後編) 編

龍吟庵の南庭を撮影したあとは、方丈西庭「龍の庭」の撮影会です。 それにしても天気予報が外れたおかげで、天気良すぎです。水野先生も、これにはお手上げでした。 昭和の名作庭家・重森三玲が造った庭園で、庭全体を龍が海中から黒雲を得て昇天する姿を石組みによって表現しています。 アドバスにしたがって、あえて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水野先生とっておき「京の撮影術」 龍吟庵(前編) 編

偃月橋を渡ると、そこは国宝 龍吟庵の入口です。私にとって2011年3月以来の訪問となりました。ただ龍吟庵の読み方を「りゅうぎんあん」だと思ってました。そして今日「りょうぎんあん」であることを恥ずかしながら知った次第です。 表門の東側に中門があって、そこから入ると左側から龍吟庵に上がるよう案内されました。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

水野先生とっておき「京の撮影術」 偃月橋 編

三門を出て、トイレ休憩のあと龍吟庵に向かいました。そして、龍吟庵の手前まで歩くと偃月橋(えんげつきょう)に着きました。 先に到着したので、1枚だけ撮影。そのあと後続を待ちました。 東福寺の渓谷に架けれた3つの橋のうち、もっとも上流にあるのが偃月橋です。最初に通天橋を撮影し、次ぎに臥雲橋での撮影。そして最後の偃月橋をレクチャし…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

水野先生とっておき「京の撮影術」 三門(地上) 編

三門から早いこと降りて正解でした。中には急な階段の途中で写真を撮られたりしてたからです。特別拝観では、こんなことは間違ってもできないですし、注意されるでしょうから。 全員が降りてくるまで時間があるので、三門下を撮りました。このように近くで三門の柱を撮れることはないですね。 今まで気が付かなかったけど、こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水野先生とっておき「京の撮影術」 三門(楼上) 編

臥雲橋から日下門を通って、東福寺に再度入りました。このルートは私が来た道と同じです。行きは禅堂横にあるトイレに入って、水野先生と出会いましたが、今度は禅堂を右手に周り三門に着きました。 普段は非公開のため誰も入れませんが、臥雲橋でモデルになっていただいた僧侶の方が鍵を開けてくれ一同中に入りました。 国宝に指定されている三門は…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

水野先生とっておき「京の撮影術」 臥雲橋 編

東福寺には、渓谷に架けれた3つの橋があり、上流から偃月橋(えんげつきょう)・通天橋(つうてんきょう)・臥雲橋(がうんきょう)と言います。今回は最も下流にある臥雲橋での撮影をレクチャしていただきます。 ここは前途したとおり、東福寺境内の外にあるので、一般の方も通られます。ですから、ここは会員限定とはいきません。…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

水野先生とっておき「京の撮影術」 通天橋 編

8時になると、いよいよ水野先生とっておき「京の撮影術」が始まりました。最初は、一般の観光客が入る前の通天橋からです。 ご覧のように、誰も人が写り込んでません。30名の会員さんが替わる変わる前に出て撮影していきます。 こちらがアドバイスを聞いて撮影したものです。手すりの曲線を強調して撮りました。 ただ30名もの会員さんが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水野先生とっておき「京の撮影術」 東福寺へ

5月24日は東福寺で行われたJR東海「そうだ京都、行こう。」の会員限定イベントである『水野先生とっておき「京の撮影術」』へ行ってきました。 この日は前日まで、雨降りの天気予報でしたし、大きめの傘を持参するか折りたたみにする悩んでいてところ・・・しかしです。朝5時発表の天気予報で奇跡が起こりました。雨降りが晴れ模様に変わったんです。…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

『平安神宮 桜の神苑早朝特別参拝』【社殿横の非公開エリア編】へ

4月12日(日)平安神宮で、JR東海「そうだ京都、行こう。」の会員限定イベントである『平安神宮 桜の神苑早朝特別参拝』へ行ってきました。 4月5日(日)も同じイベントがありましたが、その時は「尚美館(貴賓館)」の特別見学がありました。この日は「社殿横の非公開エリア」が見られるとあって2週続けて申し込みしてました{%笑いwebry%…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

『平安神宮 桜の神苑早朝特別参拝』』【尚美館特別公開編】へ

4月5日(日)平安神宮で、JR東海「そうだ京都、行こう。」の会員限定イベントである『平安神宮 桜の神苑早朝特別参拝』へ行ってきました。 当日、朝からあいにくの雨降り。この週の天気予報は4月1日から一週間ほど雨が続くと出てました。しかし前日は、薄日が差す陽気で気温も夏日の手前まで上がりました。そして当日は・・・やっぱり予報どおり桜散…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

『北野天満宮 梅苑早朝特別参拝と七不思議めぐり』【後編】へ

北野天満宮には昔から伝わる七つの不思議な史蹟があるそうです。私は、どれ一つ知らなかったので、少々興味津々で神職さんの後をついて行きました。最初に何処へ行かれるのかと思いました。参道は来た時と違って、多くの参拝者で賑わっています。そして神職さんは、今出川通りの南端まで歩いて行かれました。 最初に案内されたのは…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

『北野天満宮 梅苑早朝特別参拝と七不思議めぐり』【中編】へ

前編からの続きです。このイベントの目的である梅苑早朝特別参拝の始まりです。普段は無料で見られるエリアですが、今年から紅梅殿 西広場として区切られてました。 ほぼ毎年来てる者にとっては、今年から入れなくなったのは、少々納得し難い感じはありますね。 梅苑は、ほぼ見頃でした。昨年も同じ3月8日に来ましたが、毎年ほぼ変わらないです。…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

『北野天満宮 梅苑早朝特別参拝と七不思議めぐり』へ

3月8日(日)北野天満宮で、JR東海「そうだ京都、行こう。」の会員限定イベントである『北野天満宮 梅苑早朝特別参拝と七不思議めぐり』へ行ってきました。 イベントは、8時30分から始まりますが、例によって少し早く着いて、写真を撮りにきました。嵐電「北野白梅町」駅を降りて5分ぐらいで、大鳥居の前に着きました。 8時少し前に着きま…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

『秋の源光庵 早朝特別拝観』へ

11月23日(日)にJR東海「そうだ 京都、行こう。」のイベント『秋の源光庵 早朝特別拝観』に行ってきました。 京都で屈指の紅葉の名所である鷹ケ峰にある源光庵。それを会員限定の早朝拝観で紅葉をゆっくり鑑賞でかるとあって、当日楽しみにやって来ました。ただ早朝にバスの乗り替えが不便だったためタクシーの出費は痛かったけど{%笑いwebr…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

『国宝 鳥獣戯画と高山寺展』特別鑑賞会へ

11月8日(土)京都国立博物館で、JR東海「そうだ京都、行こう。」の会員限定イベントである『国宝 鳥獣戯画と高山寺展』特別鑑賞会へ行ってきました。 いったん京都国立博物館を出て17時15分に戻ってきました。 もう外はすっかり暗くなっています。そして寒くなってきました。 この日は18時まで一般受付されているので、まだまだ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

七条通りのモダン建築を訪ねて

本願寺 伝道院を出て油小路を七条通りまで下がります。平日ならひっきりなしに車が通りますが、日曜日だし少しは少ないですけど、注意しながら南へ進むと・・・・。 1977年(昭和52年)まで市電が通り、京都駅からほど近いこともあって大正から昭和にかけて銀行が集まる京都の中心であった七条通り。烏丸通りから堀川通りにかけて個性的な洋風建築が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本願寺 伝道院へ

龍谷大学大宮キャンパスから歩いて10分程度で本願寺 伝道院に14時5分に着きました。 ここも2012年3月に見に来ました。もちろん外観だけですけど・・・今日は、初めて内部に入れるので、それだけを楽しみに来ました。 先ほどの講話で、ここを設計した建築家の伊東忠太の話を聞きました。私が知っているのは平安神宮と祇園閣ですね。特に怪…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『七条通 モダン建築を訪ねる』へ

10月26日(日)、JR東海「そうだ京都、行こう。」の会員限定イベントである『七条通 モダン建築を訪ねる』へ行ってきました。 明治から昭和初期における近代建築が数多く遺る七条通。建築文化財の専門家による案内のもとに散策するというイベントでした。他に通常非公開の龍谷大学大宮学舎本館や西本願寺 伝道院も巡ります。特に滅多に入れない伝道…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『法輪寺 送り火観賞と勤行参列』へ

8月16日(土)、JR東海「そうだ京都、行こう。」の会員限定イベントである『法輪寺 送り火観賞と勤行参列』へ行ってきました。 前日、五山の送り火の護摩木を奉納しに行きましたが、この日は朝から雨模様。そしてお昼前に・・・・凄いことが起こりました・・・前日から天気予報は悪かったけど・・・まさか・・・まさか・・・でした{%はてなwebr…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

『萬福寺を知る夏の夕べ』(後編)へ

前編の続きです。天王殿から再び回廊を歩きます。すると大きな鐘がありました。回廊に鐘って不思議ですよね。すかさずガイド役の僧侶さんから説明が入りました。これから行く開山堂で法要があることを知らせる鐘だそうです。合山鐘(がっさんしょう)と言います。 この諸堂と諸堂を結ぶ回廊は萬福寺全体で、龍の形をしているそうで、回廊の真ん中は住職さん…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

『萬福寺を知る夏の夕べ』へ

7月26日(土)、JR東海「そうだ京都、行こう。」の会員限定イベントである『萬福寺を知る夏の夕べ』へ行ってきました。 イベントの開始時間は、15時からです。この日は朝から気温がぐんぐん上がりました。11時現在で36.3℃。を記録。イベントが始まるころには38.3℃{%びっくり…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

『下鴨神社で流鏑馬を鑑賞』する (後編)

前編の続きです。席に着いたのは14時5分。流鏑馬が神事だと痛感するのは、ここからです。 馬は馬場元から馬場末(約400㍍)へ疾走します。的は三ヶ所。私らの席は、真ん中より少し上がったところで、二の的を20㍍ほど過ぎた地点なぁ。贅沢を言わせて貰えるなら、もう少し的に近いとこが良かったけど。これは贅沢です。 …
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

『下鴨神社で流鏑馬を鑑賞』する

世界文化遺産 賀茂御祖神社(下鴨神社)で毎年5月3日に行われる流鏑馬神事を見てきました。これは、JR東海「そうだ京都、行こう。」の会員限定イベント『下鴨神社で流鏑馬を鑑賞』に参加したからです。 5月GWの連休初日で、いつも多くの観光客で賑わうのはテレビ報道等で知ってました。申し込みする時に、交通期間は混雑するし、この下鴨神社も混雑するこ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

『京土産の定番!八ッ橋のすべて』へ

4月20日(日)、JR東海「そうだ京都、行こう。」の会員限定イベントである『京土産の定番!八ッ橋のすべて』へ行ってきました。 このイベントは、京土産の定番である八ッ橋をより深く知ることが目的で、通常非公開のやつはし寺こと常光院にもお参りできるとあって、この企画に魅力を感じた次第です。 当日の集合は、聖護院八ッ橋総本店でした。…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

平安神宮 神苑 早朝特別拝観へ

4月13日(日)、早朝7時よりJR東海「そうだ京都、行こう。」の会員限定イベント、『平安神宮 神苑 早朝特別拝観』に行ってきました。 一週間前から週間天気予報が発表され、この日はずっと雨模様の予想でしたが、当日に曇りに変わり、行ってみたら、少しだけ時々陽が差す、まずまずの天気でした。 平安神宮に6時50分に着きました。観光客…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

嵯峨大念仏狂言 お松明公演へ

三度(みたび)戻ってきた清涼寺(嵯峨釈迦堂)の狂言堂前は、人だかりでした。15時30分から嵯峨大念仏狂言『大仏供養』の公演が始まります。ギリギリ間に合いました。 狂言堂前で人数を数えて、大勢の立ち見客がいるなか、用意されてた椅子に座る頃には前説が始まってました。 …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

狂言堂と嵯峨面工房見学へ

この日2度目の清涼寺(嵯峨釈迦堂)に13時前に着きました。それは、13時よりJR東海「そうだ京都、行こう。」の会員限定イベント、『狂言堂と嵯峨面工房見学』に参加するためでした。 朝の9時30分頃と違って、境内は多くの露店が出ていて、今日は土曜日のため、子供達も多く遊んでいます。その狂言堂前が集合でした。 今日のお松明式の演目…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more