テーマ:京都非公開文化財特別公開

令和元年度 第55回京都非公開文化財特別公開 大覚寺 秩父宮御殿・庭湖館へ

11月10日(日)は、奉祝 天皇陛下御即位「令和元年度 第55回京都非公開文化財特別公開」の最終日でした。そこで、11月6日(水)に一度は断念した 大覚寺 秩父宮御殿・庭湖館に行くことにしました。 地元なんで9時ちょうどに着くように家を出て、その通り着きましたが、既に20名程度の方が並ばれています。 私は、2010年(平成2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

令和元年度 第55回京都非公開文化財特別公開 北野天満宮へ

11月4日(月・祝)は、奉祝 天皇陛下御即位 令和元年度 第55回京都非公開文化財特別公開 北野天満宮に行きました。 8時52分に北野天満宮の駐車場に車を入れました。少し油断してまたね、駐車場には車が多かったので、何処に止めようかと迷うほど、連休最終日人も車も多かったです。 駐車場から参道に入り、最初「楼門」をくぐります。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

令和元年度 第55回京都非公開文化財特別公開 廬山寺へ

昨夜、鰻 廣川に行きましたが、この日も朝早くから出掛けます。昨夜姉に「京都迎賓館行ったことある?」と尋ねたら、「赤坂迎賓館は何度か行ってるけど京都は知らない」って。それなら「行ってみる?」と聞くと「行きたい」となったで、この日も朝早くから出掛けることになりました。 車は、いつもの京都御苑内にある中立売駐車場ではなく、東側の「清和院…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

令和元年度 第55回京都非公開文化財特別公開 金臺寺へ

今年も11月1日(金)から奉祝 天皇陛下御即位と題して令和元年度 第55回京都非公開文化財特別公開が始まりました。その初日に妙心寺境外塔頭 河北山 金臺寺に行ってきました。 金臺寺(こんたいじ)は、妙心寺の境外塔頭ですが、場所は等持院の近くです。等持院には何時も行ってるので慣れた道です。予定していたコインパーキングに9時前に入…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成29年度 第53回京都非公開文化財特別公開 泉涌寺 本坊へ

前日に「京都国立博物館 ナイトミュージアム」に行きましたが、翌日には平成29年度 第53回京都非公開文化財特別公開 泉涌寺 本坊 に行くため、京都国立博物館の前を8時40分頃に通って見ると、正門から東大路通りまで大行列。開館は9時30分から・・・まだ50分もあります。驚きながら通過して泉涌寺通り目指すものの道…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成29年度 第53回京都非公開文化財特別公開 大将軍八神社へ

報土寺を出て、そのまま西に進みます。西に進みながら北に上がり一条通りを西に進むと、何度が来ていますが、平成29年度 第53回京都非公開文化財特別公開 大将軍八神社に着きました。 最近では2015(平成27年)年6月に来ています。普段は自由に境内に入れますが、この日の目的は「方徳殿」に入ることでした。 方徳殿は、5月と11月の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成29年度 第53回京都非公開文化財特別公開 報土寺へ

とらや 京都一条店を出て、烏丸通りでタクシーを拾いました。当初は次の目的地まで歩いて行く予定にしてましたが、時間が微妙になり(拝観終了の)予定を変更した次第です。タクシーは七本松通りの立本寺前まで乗りました。そこから歩いて直ぐの所にあるが、平成29年度 第53回京都非公開文化財特別公開 報土寺(ほうどじ)です。 毎年恒例の京都非…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第52回 京都非公開文化財特別公開 瑞泉寺へ

11月6日(日)は、第52回 京都非公開文化財特別公開の最終日で、戦国武将で知られる関白・豊臣秀次ゆかりの瑞泉寺を訪れました。 今回の京都非公開文化財特別公開期間中では、11月4日に八幡市を重点的に廻りました。しかし私も予算の都合があるので、これ以上は諦めてました。しかし、前日に瑞泉寺では、この特別公開期間中だけ御朱印の授与がある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第52回 京都非公開文化財特別公開 正法寺へ

松花堂庭園・美術館を11時23分に出て、次ぎに向かったのが第52回 京都非公開文化財特別公開 正法寺です。 行きに来た道を「八幡駅」に戻るように歩いて約12分。11時35分にようやく門前に着きました。今まで3箇所を廻ってきましたが、ここが最も拝観者が多かったです。 案内板を見ると、松花堂庭園・美術館まで0.9㎞と書いてありま…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

第52回 京都非公開文化財特別公開 松花堂庭園・美術館【後編】へ

前編の続きです。これからいよいよ内園ですが、ここから先は撮影禁止なんですよね・・・通常拝観の場合は・・・。 内園は、国史跡・名勝に指定され、草庵「松花堂」(京都府指定文化財)と「泉坊書院」(書院の間と玄関は京都府登録文化財)が建っています。 内園に入って気が付いたことですが…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

第52回 京都非公開文化財特別公開 松花堂庭園・美術館【前編】へ

京阪「八幡駅」から2.5㎞も離れているので、確実に連れっててもらえるタクシーを利用しました。しかし、帰りは歩いて戻って来るんですけどね。やって来たのは通常拝観している第52回 京都非公開文化財特別公開 松花堂庭園・美術館です。 どこが特別拝観と思われるでしょう・・・答えは、普段閉まっている茶室の内部が見られる・・・と言うことでしょ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

第52回 京都非公開文化財特別公開 神應寺へ

石清水八幡宮を往復歩いたので、相当足は疲れてますが、再び急な階段を登ることになります。次ぎにやって来たのは第52回 京都非公開文化財特別公開 神應寺(じんのうじ)です。 ここの山門前には9時52分に着きました。京阪電車「八幡市駅」から歩いて5分もかかりませんが、この山門をくぐってからが、きついです・・・160段の石段を上がります。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第52回 京都非公開文化財特別公開 石清水八幡宮【後編】へ

前編の続き、8時20分頃本殿前で参拝を終えると、本殿周りを見に行くことにしました。 御祭神は、東御膳が神功皇后(じんぐうこうごう)息長帯比賣命(おきながたらしひめのみこと)。中御前が応神天皇(おうじんてんのう)誉田別尊(ほんだわけのみこと)。西御膳が比咩大神(ひめおおかみ)多紀理毘賣命(たぎりびめのみこと)・市寸島姫命(いちき…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

第52回 京都非公開文化財特別公開 石清水八幡宮【前編】へ

今年も、10月28日(金)~11月7日(月)の日程で、平成28年度 第52回京都非公開文化財特別公開がありました。 今年は京都府八幡市の神社や寺院が特別公開されるので、11月4日(金)に何カ所廻ってきました。トップバッターは、社殿が国宝に指定された石清水八幡宮です。 八幡市には京阪電車で行きました。三条京阪から特急に乗り、丹…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

第51回 京都非公開文化財特別公開 光照院へ

公益財団法人有斐斎 弘道館を出て上長者町通りを西に進んで新町通りに出ました。そして今度は北上します。本当は烏丸通りを北上する市バスに乗りたかったんですが、本数が少ないので断念し、歩く事にした訳です。 新町通り北上し、中立売通り、一条通り、武者小路通りを通過し、交通量の多い今出川通りに出ました。ここまで結構な距離がありますが、まだま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第51回 京都非公開文化財特別公開 西方寺へ

10月30日(金)から第51回 京都非公開文化財特別公開が始まりました。期間は11月8日(日)までと短いので、いつも厳選して訪問してます。今年の最大の目玉は、初公開の信行寺でしょう。テレビでも度々放送されたので、混むのは予想できました。それで初日に行く計画を立てたんですが・・・そこが・・・とんでもないことになってました。 今年の正…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

第50回記念 京都非公開文化財特別公開 京都国立博物館 表門へ

11月8日(土)は、夕刻より京都国立博物館でイベントがあるので、その前に第50回記念 京都非公開文化財特別公開 京都国立博物館 表門に行きました。 ここに向かうバスで、いろいろトラブルがあって到着が大幅に遅れました。乗り替えで京阪七条駅から徒歩で向かう予定を変更して、タクシーで表門・・・実際は正門なんてですが拝観締め切りの16時に…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

第50回記念 京都非公開文化財特別公開 知恩院 大方丈・小方丈・方丈庭園へ

青蓮院の前でバスを降りて南に下がります。目的地は第50回記念 京都非公開文化財特別公開中の知恩院です。大方丈・小方丈・方丈庭園が特別に公開されていました。 いつも知恩院に雄大な国宝・三門から入りますが、今日は青蓮院から来たので黒門から入ります。 恥ずかしながらこの門をくぐるのは初めてです。やっぱり知恩…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

第50回記念 京都非公開文化財特別公開 東寺 灌頂院へ

1965年(昭和40年)に始まった、京都非公開文化財特別公開も今年で50回目となりました。毎年秋の恒例行事となりしまたが、早速、東寺灌頂院に行ってきました。 灌頂院は正御影供(灌頂院絵馬公開)で、門内には入りましたが堂内には入れていません。秋の公開が決まった時から楽しみにしてまた。 境内の桜が色づき初めてて、観光客や修学旅行…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

京都非公開文化財特別公開 宇治 興聖寺(こうしょうじ)へ

恵心院から歩いて15分で、宇治川沿いにある興聖寺 表門に着きました。 この頃から少しモミジが色づき初めてました。(これを公開する頃は真っ赤に染まってるでしょう) 暫く山門まで、坂を登ります。その間の参道が紅葉の最盛期には真っ赤に染まるみたいです。 珍しい竜宮造りの山門です。ここに拝観受付があるかと思いきや違った{%笑い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都非公開文化財特別公開 宇治 恵心院(けいしんいん)へ

放生院(橋寺)を出て宇治川沿いの東岸道路を上流の天ヶ瀬ダムの方向に、歩いて行きます。そして朱塗りの朝霧橋を右手に見て少し下がったら、左手に特別拝観の看板が出てました。 放生院から歩いて5分で、ここまでやってきました。 看板を過ぎるとゆるやかな坂を上がっていくと、突き当たりにお地蔵さんがお出迎え。 ここに来る人は、放生院…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

京都非公開文化財特別公開 宇治 放生院(ほうじょういん)《橋寺(はしでら)》へ

今年の秋も毎年恒例の京都非公開文化財特別公開(11月1日(金)~11月10日(日)) 拝観料800円が始まりました。21もの神社や寺が参加してますが、全部行ける訳がありません(予算も限界があります)。 そこで、今回厳選した結果、京都府宇治市の寺院を回ることにしまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鳴虎で有名な報恩寺へ

「第48回 京都非公開文化財特別公開」で初公開された鳴虎 報恩寺に行ってきました。 ここの目玉は、「鳴虎図」と「厨子入千躰地蔵菩薩像」でしょう。公開が決まってからは、是非訪れたいと思いました。 報恩寺は室町時代に開祖され、1501年(文亀1)後柏原天皇の勅旨で浄土宗寺院となり、1585年(天正13)豊臣秀吉によって現在地に移されま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国内最古の違法建築 浄福寺へ

今年の秋も「第47回 京都非公開文化財特別公開」が始まり、10月29日(土)に浄福寺に行ってきました。 浄福寺は、浄土宗の寺院で恵照山 浄福寺といいます。 数日前、毎日新聞のコラムで「国内最古の違法建築」初の一般公開と書いてあって、記事を読んで興味が出て見て来ました。電車とバスの乗換がスムーズに行ったため、予定より随分早く着…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more