テーマ:古寺

久しぶりの臨済宗建仁寺派大本山 建仁寺へ

特別公開の両足院を出て、次に向かったのは、臨済宗建仁寺派大本山 建仁寺です。 昨年までは、昼休みの散歩コースで、週に1回は来てましたが、考えると12月25日を最後に、久しく来てませんでした。 日曜日の昼下がり、観光客は3月に入って増えてきました。今のメインは東寺に変わりましたが、目立って増えてきたのが修学旅行生です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界文化遺産 東寺へ

昨年末に通い慣れた祇園の地から、年末年始の休みを利用して会社が引っ越ししました。昨年まではお昼休みに建仁寺に寄ることが多かったんですが、今年からは世界文化遺産 東寺に変わります。 東寺の近くではなんですけど、歩いて行けない距離ではないので、初日(7日)に寄ってみました(6日が仕事始めでしたが、病み上がりと多忙…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

六波羅蜜寺 宝物館へ

5月13日(木)の昼休みに、会社の同僚と六波羅蜜寺 宝物館へ行ってきました。同じ、お寺に興味があるの同士、昼休みに訪れたわけです。(随分前の話ですが、公開のタイミングが合わず遅れました) 東山の住宅街の片隅にひっそりと建っています。その六波羅蜜寺の境内には、ここから入ります。 重要文化財に指定されてる本堂の全景は、ここからし…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

桔梗の寺 東福寺塔頭 天得院で精進料理を

京都市内は、一昨日と昨日が36.9℃。今日も予想では37℃。梅雨が明けたら猛暑がやってきました。もう体がもちません。 話変わって、京都屈指の花の寺で桔梗の寺として有名な臨済宗東福寺塔頭 天得院へ7月6日(土)に行って来ました。 先週は、時折降る強い雨に悩まされました。特に4日の夜から5日の未明にかけては…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅雨の長雨が続く 建仁寺へ

先月5月28日(火)に梅雨入りした近畿地方も、雨は降らず。特に6月に入ってからは、記録的少雨でした。それが6月19日の朝から雨が降り出すと、この日6月20日(木)まで、一度もやまずに降り続いてます。 そんな雨が降り続く6月20日(木)に、建仁寺に行ってきました。 雨の建仁寺、そう言えば行ったことないなぁ・・・と思って、朝まだ雨が降…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅雨は何処に? 爽やかな風が吹き抜ける建仁寺へ

先月、富士旅行の最終日に九州・四国・中国地方が梅雨入りしました。そして、帰った翌日に近畿・東海地方が梅雨入り。その翌日には、関東甲信越地方が梅雨に入りました。 しかしです。その日から雨は一滴も降りません。6月11日にやっと雨は降りましたが、お湿り程度でした。とうとう鴨川の川底の石が露出するまで干上がったところが目立つようになりまし…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

建仁寺 『細川護煕 襖絵と屏風の世界』(法堂遍)

5月17日(金)の昼休みを利用して、建仁寺『細川護煕 襖絵と屏風の世界』を再訪しました。  今日の目的は、渡り廊下を通って法堂内に展示してある作品を見ることで、5月7日(火)に来た時は時間の都合で、行けませんでした。 方丈から渡り廊下を通って、参道を横切って法堂に行きますが、人も車も通るので注意する必要があります。下の写真は…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

建仁寺 『細川護煕 襖絵と屏風の世界』(大書院遍) へ

5月2日(木)に建仁寺 塔頭 正伝永源院で細川護煕元首相の襖絵を見学しました。その特別公開が6日に終了しましたが、今度は建仁寺本坊で『細川護煕 襖絵と屏風の世界』が5月8日(水)~20日(月)まで開催されました。 連休明けの5月7日(火)に昼休みで建仁寺に立ち寄ると、上記開催を知らせる看板が出てて知りました。そして連休明けの仕事が…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

牡丹が咲き誇る 乙訓寺へ

乙訓寺は、京都府長岡京市にある真言宗の寺で、近年では牡丹の寺として知られています。その乙訓寺に4月29日(月・祝)に行ってきました。 乙訓寺へは阪急電車の長岡天神駅から歩いて行きました。約20分程度で着きますが、連休中に牡丹が見頃となればシャトルバスも運行されています。 昨日は、松尾大社の山吹を見て、今日は当初の予定どおり、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『真正極楽寺(真如堂)』助成文化材特別鑑賞に参加(前編)

昨日、京都市内で桜(ソメイヨシノ)が開花しました。平年に比べ6日、昨年より12日早い開花宣言となりました。このように猛烈な早さで桜善戦は北上しています。東京では、満開宣言だそうです。あれだけ寒い冬だったのに、3月に入って、この暖かさはどうしたんでしょう。京の観光関係者は、対応に大忙しだそうです。 ところで、丁…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

昼の三時に勤行を行う尼門跡寺院  三時知恩寺〈旧入江御所〉へ

相国寺 慈照院から俵屋吉富「京菓子資料館」へ行き、今日最後の訪問地である三時知恩寺〈旧入江御所〉へ行きました。 『京の冬の旅』7年ぶりの公開となりますが、私も7年前に一度訪れましたが、正直、覚えていません。それは、拝観入口から庭も含めて撮影禁止だったためでしょう。 俵屋吉富 烏丸店を出て烏丸通りを下がり、上立売通りを西に入り…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

天龍寺 節分会~七福神めぐり~へ

2月3日は、節分で、京都市内の神社やお寺でも節分祭が行われます。私は、天龍寺の節分会に行ってきました。 天龍寺の節分会は、境内入口か総門前で福笹(2,500円)を受け、塔頭寺院七カ寺(三秀院、弘源寺、慈済院、松巌寺、永明院、寿寧院、妙智院)のお札を受け七福神をめぐります。 いつも11時30分からの『大福豆撒き』にあわせて来て…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

京都最大の禅寺の台所 妙心寺 大庫裏・経蔵へ

妙心寺の塔頭東海庵を見たあと、次に向かったは、『第47回 京の冬の旅 非公開文化財特別公開』の妙心寺 大庫裏・経蔵です。 東海庵から大庫裏へ、大庫裏から東海庵へセットで行かれる人が多いみたいで、人の流れがそうなってました。 東海庵からほどなく歩くと大庫裏の前にある表門につきます。そしてその前には看板が出てるので、迷うことはな…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

重森三玲の庭を訪ねて

毎日、ロンドンで日本選手が熱戦を繰り広げてて、毎日寝不足です。 特にサッカーファンにとってたまらない、しびれる試合ばかりで感動しました。 女子のなでしこや前評判が高くなかった男子には、胸を張って笑顔で帰ってきてほしものです。 開会式前から今日まで、こんなに長く見られると思ってなかった。金メダルは次回のリオで{%びっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

臨済宗天龍寺派大本山天龍寺 塔頭 三秀院へ

毎年、8月4日に行われる年中行事の施餓鬼会に天龍寺三秀院に行きました。毎年、この時期、暑いのは仕方ないんですが、今年は風があったので助かりました。10時30分から本堂で法要が始まりますが、先にご先祖様の墓参りを済ませて10時過ぎに着きました。 既に本堂は人が一杯だったので、本堂前のテントで暫く待つと住職さんや副住職さんらが入ってこられ、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

隠れ紅葉の名所・護法堂弁財天へ

このタイトルは、4月26日と同じですが、今回は本当に紅葉の時期のものです。 場所は奥嵯峨にある、護法堂弁財天の紅葉です。 今日(11月27日)は先ず嵯峨釈迦堂の境内を通って二尊院へ。開門前で既に人で一杯。そして祗王寺から化野念仏寺へ。 ここで団体と遭遇。まだどこも開いてないのにと思ってましたが、8時30…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

南禅寺金地院 東照宮へ

臨済宗瑞龍山南禅寺 塔頭 金地院 1394年~1428年(応永年間)に洛北の鷹峯に足利4代将軍義持により創建され、その後、南禅寺の再興に尽力した以心崇伝(いしんすうでん)が自坊として今の地に移建したのがはじまりです。 その崇伝は、家康が没すると、家康の遺髪と念持仏を祀る東照宮や徳川家の永久の繁栄を願う庭の設計を小堀遠州に依頼。遠州…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more